ZENTスタイルZENT STYLE

戻る

全館禁煙店舗の立ち上げ。全館禁煙店舗の立ち上げ。

Point1

全館禁煙店舗の立ち上げ

1995年。ZENT小坂店(愛知県豊田市)が全館禁煙ホールとして営業を開始いたしました。当時はまだ様々な公共施設において喫煙が可能であり、また特に「パチンコ=タバコの煙」のイメージが強い時代でもありました。

しかしながら女性のお客様をはじめ、多くのお客様に喜びの声を頂き、現在も数多くのリピーターのお客様にご来店をいただいています。中には遠方より足をお運びくださるお客様もいらっしゃるほど。
私たちも禁煙のニーズが確実にあるということを実感した試みでした。
2007年11月には新たなチャレンジとして、ZENT可児店(岐阜県可児市)が全館禁煙店舗としてオープン。ZENT可児店のテーマは「ホールで深呼吸」。1000台を超える新築大型店としては全国でも初の試みとなりました。

Point2

ホールで深呼吸
喫煙という常識と、禁煙という常識。
ふたつの常識のはざまで

パチンコホールでは長い間、喫煙が常識となってきました。しかし現在、公共施設をはじめとした多くの場所で禁煙化が進んでおり、社会全般の流れからみても禁煙施設の拡大は続くと考えられます。

私どもの店舗は繁忙期では1000人を超えるお客様が何時間も滞在される大型の店舗です。規模としても公共施設に引けをとりません。しかしながら、愛煙家の方々が多く集まる施設であることもまた、事実なのです。

喫煙と禁煙。二つの常識のはざまで、私たちが考えたことはただ一つ。
”どちらのお客様にも快適にお過ごしいただける空間をつくること。”
高い天井、25坪の大スペース、壁面に防臭炭を埋め込んだ喫煙ルームを併設し、最先端の分煙環境を整えています。

すべては、お客さまの立場に立って考えることからはじまります。社会の常識、そして業界の常識、全ての常識をふまえ、ときにはくつがえしながら私たちは新たなチャレンジへと取り組んでまいります。

Point3

スモーキングルームを完備

全館禁煙店舗を立ち上げる一方、タバコを吸うお客様にも気持ちよく遊技していただきたいという想いもあります。タバコを吸う人も吸わない人も気持ちよく過ごせる空間を目指し、近年オープンした店舗ではスモーキングルームを完備しています。